『神社景』~神社は魅せてくれた~

 

写真家・オオタマサユキ氏。

 

もしも私が新聞社の人事課の者ならば。

彼を『報道部』で採用するだろう。

 

もしも彼が手術担当の執刀医であるならば。

思いも寄らない技法で。

『そこから入るのか』

という意外な発想から切り込んで行くだろう。

 

この写真集のタイトルは『神社景』。

 

それは単なる『神社の風景』ではない。

 

ありのままの『景』を。

 

各々が持っている『神社』という概念を。

 

あらためて考え直すことにもなるだろう。

 

オオタマサユキ氏は言う。

 

『神社』は生き物だ。

と。

 

オオタマサユキ氏の中にある『動』が。

 

『神社』の『動』を導き出し。

 

彼のE yeに魅せてくれた『神社』の表情(かお)を。

 

この『神社景』に可能枚数を納めた。

 

あなたの感性の『景』は。

どの写真にフィットするだろうか。

 

By ー 藤龍

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up