『私だけの龍』

 

先日。河野秀齊氏のアトリエにて。

『私だけの龍』様と。

遂に、私自身が出逢うこととなった。

 

昼下がりの太陽が、丸ごと包み込もうとするほどに。

光が存分に降り注ぐそのアトリエで。

『私だけの龍』様は。

河野秀齊氏に降りた。

 

筆が色紙を鳴らす音のみが響くその時空に。

私は瞳を閉じて、自分自身を委ねた。

 

気がついたら『大祓詞』(おおはらえのことば)が脳内を巡り。

私の口唇を動かし始めた。

それが『龍神祝詞』に差し掛かった頃。

龍様が、私の右肩に寄り添ったのをはっきりと感じた。

 

その理由は、そのアトリエにて皆も証されることであろう。

 

数日後。色づけされた『私だけの龍』が仕上がった。

 

河野秀齊氏に降りてきた龍様が。

この様なお姿であられたのかと。

私は自分を好きになった。

『私だけの龍』

あなたもきっと。

もっと自分を好きになる。

 

By ー 藤龍

 

私だけの龍

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up