『あなたも彼に逢いたくなる』~写真家オオタマサユキ・写真集『a life』~

写真集『a life』

 

『a life』

 

これは。

私が、初めて手にした。

オオタマサユキ氏の写真集であった。

 

まず表紙を目にした時に。

私の中で久々に『これはキタな』と思った。

 

一頁、二頁、五頁……、と捲るうちに。

『a life』のドラマティックさに私は堕ちた。

 

『これは素晴らしい。』

 

人々が暮らす日常の『瞬刻』を。

 

『刹那』に『抒情的』に捉えている頁の連続に。

すっかり心を奪われる。

 

どの頁も手を抜いていない。

 

撮り手側の日常を表しているのだろう。

 

『日常』は、ありふれてなんかいない。

 

『日常』こそ『非日常』で。

『日常』こそが『特別』なのだと。

 

きっと誰かの『目』にも。

 

これらの写真のように。

あなた様が居るのかもしれない。

 

私もこれらの写真の何処かに。

入りたい気持ちになった。

 

『日常』こそが『特別』なものであることを教えてくれた。

 

何度観ても。

ひとつの映画を鑑賞したような気持ちになる。

 

きっと、あなたも。

彼に逢ってみたくなる。

 

そんな一冊である。

 

 

By ー 藤龍

 

私的写真集選手権 小林幹幸賞受賞作品

 

『a life』スライドショー(YouTube)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll Up